就労移行支援事業所 ウィズ
SPiS-エスピス-

SPiS-エスピス-

ウィズでは

・移行支援通所中の体調管理、情報共有、第二のコミュニケーションツール
・就労後の就労定着・職場内での体調管理、情報共有、第二のコミュニケーションツール

として、SPiSを導入しています。

SPiSとは

SPiSとは、ご利用者に応じてカスタマイズ可能な「日報システム」です。

①日々の記録

気になることや(チェック項目の設定)や服薬管理、日誌を日々記録します。

①日々の記録

②グラフ化(可視化)

チェック項目のグラフ化により体調や気分の波をグラフ化できます。
見えることにより体調や気分の波を把握することができ、事前に対策を検討し実行することができます。

②グラフ化(可視化)

③情報の共有

ご利用者の記録やグラフを

・就労移行通所中は支援者間
・就職後、就労定着の際は、支援者・企業担当者間

で常に共有されています。
また日々の記録への返答を通じ、日常的なコミュニケーション以外でコミュニケーションを図ることができます。

③情報の共有

SPiSを使用した支援

ウィズでの就労移行支援ご利用時の「支援期」
就労後の定着支援時の「定着期」
の2段階の使用方法で支援を行います。

支援期

ご利用時の支援期については、ご利用者・支援員・サビ管(支援員)を一つのチームとし支援します。
日常的なコミュニケーションや相談はもちろんですが、それ以外に
 ・伝えたいことが伝えられなかった
 ・言葉より文章のほうが伝えやすい
 など、日常的なコミュニケーション以外の第二のコミュニケーションとして活用していただけます。
 また、体調や気分の波が把握できるため、ご自身と支援員で振り返ることで
 ・障がいの状態を受容
 ・体調管理、対策の検討
 に繋がり、それらの情報は支援員間で共有されているため安心感をもって通所することが可能です。

支援期

定着期

就職後の定着期については、ご利用者・企業担当者・支援員を一つのチームとして支援します。
就職後、定期的な連絡や企業訪問、面談はもちちろんですが、それ以外での
 ・孤独感
 ・体調の事をどう伝えればいいのかわからない(伝えると辞めさせられるのでは…等の不安感から)
 などを緩和し、支援員、企業担当者とのコミュニケーションの補助として活用できます。
 体調面についても情報が共有されているため、安心感をもって就業していただけます。

定着期

“繋がり”のある支援

SPiSを活用した支援ではコミュニケーションや情報の共有が行いやすい環境を作ることができ、ウィズをご利用時から就職後の定着時についても”繋がり”をたもち、安心感を感じられる支援を提供します。

就労移行支援事業所 ウィズ

大阪市中央区の『就労移行支援事業所ウィズ』のホームページへようこそ。

~ウィズ=W’sとは~
『welfare(福祉)』『work(仕事)』『with(共に)』の3つを掛け合わせた造語です。
なにかしらの障害を有する人々の社会、仕事環境を皆さんと、また社会や地域と共に、よりよく変化させたいという想いから生まれました。
由来を基礎として、人と社会の“繋がり”を大切に就労移行支援を行っています。

・同じように働けること
・同じ場所で過ごせること
・人と繋がっていられること
・社会と繋がっていられること

障害の有無に関わらず、就労支援や居場所づくりを行っています。
「障害=その人」ではなく、「その人=その人」という当たり前のことを大切に、一人ひとりと丁寧に向き合います。
おかげさまで評判が評判を呼び、ご相談件数も増加しています。

~ウィズの寄り添う就労支援~

1 コミュニケーションツールを使用
  →体調管理や情報共有のツールを使用し、いつでも相談して頂ける環境があります。

2 ライフスキルワーク支援
  →自分の得意な事・苦手な事を把握するために、ゲームやディスカッションを行い、自己分析をします。  

3 マナー研修
  →身だしなみから名刺交換など、一般的なビジネスマナーの研修を行います。

4 PC訓練
  →Office系スペシャリストの指導員がマンツーマンで指導を行います。

5 体操プログラム
  →体力向上やリフレッシュを目的として、定期的に運動する機会を設けます。

6 職場見学&実習
  →様々な職種の見学や実習を行い、働くイメージを膨らませるとともに自信を高めていきます。  

7 就職活動支援
  →履歴書の添削や、面接の訓練を行い就職活動をサポートします。  

8 定着支援
  →就職後も定着できるように職場訪問や面談を行います。


~コミュニティについて~

障害を持っているから、と交流の機会を失ってしまうのはとても残念なことです。
当社では企業様と共同のイベントやセミナーを実施し、障害の有無に関わらず仲間づくりの機会を提供しています。
「知りたい!」
「学びたい!」
「交流したい!」
という意思を組んで、様々なことに挑戦できる環境を整えています。

閉じる