就労移行支援事業所 ウィズ
SPiS-エスピス-

SPiS-エスピス-

ウィズでは

・移行支援通所中の体調管理、情報共有、第二のコミュニケーションツール
・就労後の就労定着・職場内での体調管理、情報共有、第二のコミュニケーションツール

として、SPiSを導入しています。

SPiSとは

SPiSとは、ご利用者に応じてカスタマイズ可能な「日報システム」です。

①日々の記録

気になることや(チェック項目の設定)や服薬管理、日誌を日々記録します。

①日々の記録

②グラフ化(可視化)

チェック項目のグラフ化により体調や気分の波をグラフ化できます。
見えることにより体調や気分の波を把握することができ、事前に対策を検討し実行することができます。

②グラフ化(可視化)

③情報の共有

ご利用者の記録やグラフを

・就労移行通所中は支援者間
・就職後、就労定着の際は、支援者・企業担当者間

で常に共有されています。
また日々の記録への返答を通じ、日常的なコミュニケーション以外でコミュニケーションを図ることができます。

③情報の共有

SPiSを使用した支援

ウィズでの就労移行支援ご利用時の「支援期」
就労後の定着支援時の「定着期」
の2段階の使用方法で支援を行います。

支援期

ご利用時の支援期については、ご利用者・支援員・サビ管(支援員)を一つのチームとし支援します。
日常的なコミュニケーションや相談はもちろんですが、それ以外に
 ・伝えたいことが伝えられなかった
 ・言葉より文章のほうが伝えやすい
 など、日常的なコミュニケーション以外の第二のコミュニケーションとして活用していただけます。
 また、体調や気分の波が把握できるため、ご自身と支援員で振り返ることで
 ・障がいの状態を受容
 ・体調管理、対策の検討
 に繋がり、それらの情報は支援員間で共有されているため安心感をもって通所することが可能です。

支援期

定着期

就職後の定着期については、ご利用者・企業担当者・支援員を一つのチームとして支援します。
就職後、定期的な連絡や企業訪問、面談はもちちろんですが、それ以外での
 ・孤独感
 ・体調の事をどう伝えればいいのかわからない(伝えると辞めさせられるのでは…等の不安感から)
 などを緩和し、支援員、企業担当者とのコミュニケーションの補助として活用できます。
 体調面についても情報が共有されているため、安心感をもって就業していただけます。

定着期

“繋がり”のある支援

SPiSを活用した支援ではコミュニケーションや情報の共有が行いやすい環境を作ることができ、ウィズをご利用時から就職後の定着時についても”繋がり”をたもち、安心感を感じられる支援を提供します。

就労移行支援事業所 ウィズ

人と社会の“繋がり”を大切にする

就労移行支援事業所 ウィズ

障害の有無に関わらず
同じように働けること
同じ場所で過ごせること
人と繋がっていられること
社会と繋がっていられること
そんな支援や居場所を目指します

障害=その人 ではなく
その人=その人 という当たり前のことを
大切にして一人ひとりと向き合います

閉じる