就労移行支援事業所 ウィズ
カリキュラム

カリキュラム

あなたを支える8つの支援

あなたを支える8つの支援

①SPiS-エスピス-

ウィズでは、利用中の「支援期」就職後の「定着期」に体調管理・情報共有・第二のコミュニケーションツールとしてweb日報システムSPiSを使用しています。
ウィズをご利用時から就職後の定着時についても”繋がり”をたもち、安心感を感じられる支援を提供します。

②ライフスキルワーク

ライフスキルとは、アサーティブネスを中心とした、自己実現・心身ともに充実した生活を送るために必要と言われているスキルです。
アサーティブネスとは、「自分も相手も大切にする」コミュニケーション方法です。
それらを自己受容や認知行動コントロール・SSTを通じて体感し学んでいただきます。

- 自己受容
・まずはフォーマットに自己紹介から障がいについてや好きなこと、得意なこと苦手なことなど…
自分についての説明書を作成し、自己の障がいや長所などの理解を深めましょう。
・自己PR名刺作成
・SPiSを活用した、体調の波の確認や振り返り
- 認知行動コントロール
・まずは「自分の心」を大切にし、出来事、思考(捉え方)、感情、行動(状況)を分けて見える化
します。自身の捉え方や感情の理解したうえで、気持ちを楽にしたり、行動が前向きになるように捉え方を広げてみる、変化させてみることを学びます。
- SST(ソーシャルスキルトレーニング)
・テーマを決めて就業環境のロールプレイや、コミュニケーションを目的とした表情ゲーム、ディスカッションなどをコミュニケーションが取りやすい環境で行います。

③マナー研修

挨拶や名刺交換等をはじめとするビジネスマナーの研修を行います。
- マナー研修
- 名刺交換
- 電話・メール連絡
- 報連相
- 身だしなみ
- スケジュール管理
- 上座・下座
等々

④PC訓練

Office系スペシャリストの職業指導員がマンツーマンで指導を行います。
ビジネスで必要なWORD(ワープロソフト)、EXCEL(表計算ソフト)の基本から応用まで習得していただき事務系のスペシャリストを目指していただきます。初心者の方は、WindowsなどのOSやPCの基本的な操作からタッチタイピングを学んでいただきます。
希望者にはMOS検定試験のご指導も別途ご用意致しております。

使用テキスト:FOM出版「よくわかるシリーズ」Word・Excel 基礎編・応用編
目標資格(任意):Microsoft Office Specialist
Microsoft Office Specialistの資格取得にあたっては、試験料を補助させていただきます。(条件がありますので詳細はお問い合わせください)

また、希望者には、WEB系についてECサイトの構築・運営、サイト解析を通した集客方法など、HP制作含めトータルな知識を身に着けていただけます。
下記に参考として構築中です。

BASEにてネットショップ構築中!!
https://wsinc01.shopselect.net/

使用ノートパソコン:
Windowsエディション Windows 10 Pro 製造元:株式会社マウスコンピューター
プロセッサ Intel(R)Core(TM)i5-8250U CPU@1.60GHz 1.8GHz
メモリ 8.00GB 64ビットオペレーションシステム
Wi-Fiルーター CISCO MR42

⑤体操プログラム

体力の向上やリフレッシュを目的に、定期的に体を動かす機会を設けます。

⑥職場見学・職場実習

体調・通所が安定してきたら、様々な職種の一般企業・特例子会社への見学や職場実習を行い就労イメージを高めたり、自分の新しい気づきを発見し、就労への自信を高めましょう。
ウィズでは企業との“繋がり”を重視しており、見学・実習先企業や就職先企業の開拓を積極的に行っています。

⑦就職活動支援

カリキュラム・職場見学・職場実習を終えるといよいよ就職活動です。
履歴書の添削・模擬面接等の訓練、ハローワークでの求職活動や面接への同行等の就職活動をサポートします。
また、大手求人企業やキャリアカウンセラーとも連携がありまのでご安心して就職活動に取り組んでいただけます。

⑧定着支援

就職後は継続して就労できるようウィズが企業との懸け橋となります。外部機関と連携しながら定期的な職場訪問や面談といった定着支援を行います。

支援員について

支援員について

代表・管理者/サービス管理責任者 大和 一也

ウィズの代表兼管理者・サービス管理責任者です。
福祉業界歴11年目に突入し、支援を行うにあたって大切にしていることは障がい=その人ではなく、一人の人として、しっかり向き合うことです。
障がい特性と一言にいっても、その特性は人により様々です。
全く同じ人など存在せず、皆さん一人ひとりに良いところがあり、悩みもあります。
一人ひとりとしっかり向き合い・寄り添い、その人にあった支援を提供できるよう努めています。
何か悩み事・困り事があれば、お気軽にご相談下さい!

就労支援員 E.M

就労支援機関での就業支援ワーカーとして、数多くの障がいを有する方の就労支援に携わってきた経験豊富な支援員。支援に対して熱い気持ちを持ち、常に前向きに支援に取り組んでいます!
得意とするのは企業との連携です!企業の開拓はお任せ下さい!
皆さんのお力になれるよう精一杯頑張ります!

就労支援員 Y.K

事務や経理といった業種の経験からビジネスマナーやSSTを担当します。
お母さんのような暖かい雰囲気で就職に向けての相談や支援を行います。
「皆さんが明るく楽しく通所から就労できるように」を目標に、気軽に相談できる雰囲気でお待ちしています。

生活支援員 Y.S

介護支援専門員~社会福祉協議会での困窮相談員として多くの方の相談を受けてきたハキハキとした頼れるお姉さん的存在。
話やすい雰囲気で皆さんからの相談をお待ちしています。

職業指導員 H.S

DTPデザインから営業といった幅広い経験からPCからビジネスマナーを担当。
双極性障害、就労移行支援利用を経て、「ピアな立場からお話しやアドバイスができたら…そして何より笑顔になってほしい」 との強い想いをもって支援させていただきます。
元気!!が印象的なおっちゃんです。

職業指導員 M.S

神戸でWEB制作会社に勤務後、現在はECサイトの構築・運営を行っております。
今までの経験から少しでも皆様にプラスになるような支援を行えるよう、努めて参ります。
保有資格:MOS試験 シスアド 等。

コニュニティについて

障がいのために何かしらの機会を失ってしまう、交流の機会がない…など
もったいないし、とても悲しいと思います。

そこでウィズでは、障がいの有無に関わらず様々な交流を生み出せるよう、他の企業様と共同でイベントやセミナーを随時実施しています。

・仲間や友達を作る、交流できる機会があれば…
・外部の方(企業の方)と話してみたいけど…
・就職後も参加できるようなイベントもあれば…などなど

気分転換したい!興味がある!知りたい!学びたい!交流したい!
と考えておられる方に様々な機会を提供したいと考えています。

イベントやセミナーについても補助制度があります。
ウィズをご利用中の方についてはイベントやセミナーなどについて、無料のものは自由参加、有料のものについては補助制度を設けています。
また、その際には必ず弊社スタッフが付き添いますので安心してご参加していただく事が可能です。
参加は強制でなく、ご本人の体調やご都合にあわせてになりますので無理なく参加していただけます。

コニュニティについて

就労移行支援事業所 ウィズ

大阪市中央区の『就労移行支援事業所ウィズ』のホームページへようこそ。

~ウィズ=W’sとは~
『welfare(福祉)』『work(仕事)』『with(共に)』の3つを掛け合わせた造語です。
なにかしらの障害を有する人々の社会、仕事環境を皆さんと、また社会や地域と共に、よりよく変化させたいという想いから生まれました。
由来を基礎として、人と社会の“繋がり”を大切に就労移行支援や企業実習支援を行っています。

・同じように働けること
・同じ場所で過ごせること
・人と繋がっていられること
・社会と繋がっていられること

障害の有無に関わらず、就労支援や居場所づくり、企業実習支援を行っています。
「障害=その人」ではなく、「その人=その人」という当たり前のことを大切に、一人ひとりと丁寧に向き合います。
おかげさまで評判が評判を呼び、ご相談件数も増加しています。

~ウィズの寄り添う就労支援~

1 コミュニケーションツールを使用
  →体調管理や情報共有のツールを使用し、いつでも相談して頂ける環境があります。

2 ライフスキルワーク支援
  →自分の得意な事・苦手な事を把握するために、ゲームやディスカッションを行い、自己分析をします。  

3 マナー研修
  →身だしなみから名刺交換など、一般的なビジネスマナーの研修を行います。

4 PC訓練
  →Office系スペシャリストの指導員がマンツーマンで指導を行います。

5 体操プログラム
  →体力向上やリフレッシュを目的として、定期的に運動する機会を設けます。

6 職場見学&企業実習支援
  →様々な職種の見学や実習を行い、働くイメージを膨らませるとともに自信を高めていきます。  

7 就職活動支援
  →履歴書の添削や、面接の訓練を行い就職活動をサポートします。  

8 定着支援
  →就職後も定着できるように職場訪問や面談を行います。


~コミュニティについて~

障害を持っているから、と交流の機会を失ってしまうのはとても残念なことです。
当社では企業様と共同のイベントやセミナーを実施し、障害の有無に関わらず仲間づくりの機会を提供しています。
「知りたい!」
「学びたい!」
「交流したい!」
という意思を組んで、様々なことに挑戦できる環境を整えています。

閉じる